トップページ >  目的別シミ対策 >  炎症性色素沈着

炎症性色素沈着を改善するにはどうすればいいの?

ニキビ・けが・やけど・虫さされ・アトピーなどで皮膚が炎症を起こし、茶色の跡が残ってしまうのが炎症性色素沈着です。炎症によってメラノサイトが刺激を受けて活性化し、メラニン色素を大量に生成してしまったためにできたシミです。
⇒ 皮膚が炎症を起こしてしまったことが原因


そのままにしても改善することがありますが、メラニン色素が定着してしまうとなかなか消えないことも・・・。なかなか改善しないようであれば、美白化粧品でケアするのがおすすめです。できる限り紫外線を浴びないようにするのも早期改善への近道。
⇒ 美白化粧品でのケアがおすすめ



■レーザーやケミカルピーリングは?
炎症性色素沈着の治療にレーザーやケミカルピーリングはどうなの?と思われる方がいらっしゃるかもしれません。ただ、もともと皮膚の炎症が原因でできた炎症性色素沈着に、かなりの刺激を伴うレーザーやケミカルピーリングはおすすめできません。それが刺激となって、症状が悪化するということも考えられるからです。
⇒ 刺激の強いレーザーやケミカルピーリングは逆効果になることも・・・。

炎症性色素沈着におすすめの美白化粧品は?

炎症性色素沈着はメラニン色素が肌に定着している状態なので、改善するにはメラニン色素を漂白する必要があります。メラニン色素を漂白してくれる成分としては「ハイドロキノン」があります。このハイドロキノンを配合した美白化粧品がアンプルールです。ハイドロキノンを配合した美白化粧品はたくさんありますが、アンプルールをおすすめするのは、アンプルールにしかない強みがあるから。


 新安定型ハイドロキノンを採用
⇒ ハイドロキノンを進化させて安全性と効果をアップさせている!
 マイクロカプセル化技術を採用
⇒ 新安定型ハイドロキノンをマイクロカプセル化して浸透力を大幅アップ!
 クリームだけでなく化粧水・美容液にもハイドロキノンを配合
⇒ ハイドロキノンの美白効果をより実感できます!


「新安定型ハイドロキノン」が配合された美白化粧品は【アンプルール】だけ!