フラーレンはどんな美白成分なの?

フラーレンは抗酸化作用に優れた成分で、活性酸素を強力に除去する働きがあります。活性酸素はメラニンの生成を促すチロシナーゼを活発化させるので、活性酸素の除去はシミ対策として重要です。メラニンの生成を抑えるわけですから、シミ予防としての効果が期待できるわけですね。
⇒ フラーレンはシミを予防してくれる成分


活性酸素を除去する働きをする成分としてはビタミンCがありますが、フラーレンはビタミンCの125倍の強力なパワーを持っているといわれています。つまり、シミをしっかりと予防したいなら、フラーレン配合の化粧品の方が効果的ということになりますね。
⇒ フラーレンの抗酸化作用はビタミンCよりも強力



■できてしまったシミに対しては効果はあるの?
現段階では、フラーレンにできてしまったシミを薄くするはたらきは認められていないようです。というのも、フラーレンは発見されてから日が浅く、美容目的として使用されたのもここ最近になってからです。なので、これから研究開発が進むことで、できてしまったシミに対しても効果が期待できる可能性があります。
⇒ 現段階では、シミ予防としての効果だけしか期待できない・・・。

フラーレン配合の美白化粧品選びのコツは?

フラーレンはメラニンの生成を抑えたり、活性酸素を強力に除去する働きがありますが、まだまだ高価な成分なので、高濃度で配合すると、化粧品の価格が高くなってしまいます。なので、少量しか配合されていない場合も多いです。


しかし、ある程度の濃度で配合されていないと、効果を実感できないのも事実。そこで、確認しておきたいのがラジカルスポンジマークです。このマークが付いている化粧品であれば、規定値以上のフラーレンを配合したことが認められているので、安心です!
⇒ 【ラジカルスポンジマーク】が付いている化粧品を選ぶのがポイント



■できてしまったシミを薄くするなら?
フラーレンはシミを予防するのにはぴったりですが、できてしまったシミを薄くするのには向いていません。シミを薄くするならハイドロキノン配合の化粧品がおすすめです。シミの漂白成分といわれるほど強力にシミを薄くすることができるのがハイドロキノンです。本気でシミ対策をするならハイドロキノン配合の化粧品が賢い選択といえます!

できてしまったシミを薄くするなら? ⇒ 【ハイドロキノン配合の化粧品】