肝斑を改善するにはどうすればいいの?

肝斑は女性ホルモンの乱れによってできるといわれており、主に30~40代の女性に多くみられる症状です。左右対称に頬骨のあたりにモヤモヤと広がるようにできます。一度できると、紫外線などで、悪化して濃くなっていく場合もあります。
⇒ 女性ホルモンの乱れによってできる


肝斑はトラネキサム酸の内服で治療できる可能性がありますが、必ずしも効果があるわけではありませんし、他に薬を服用している場合は、服用できないこともあるので、美白化粧品で手軽にケアするのがおすすめです。
⇒ 美白化粧品でのケアがおすすめ



■肝斑にレーザー治療は?
シミの中でも肝斑は最もレーザー治療に適さないといわれています。レーザーの刺激によって、肝斑を濃くしてしまう可能性があるからです。最近では刺激を抑えたレーザーで肝斑を治療するという最新機器も出てきましたが、まだまだ広く普及しておらず、一般的な改善方法には至っていません。
⇒ レーザーの刺激で肝斑が濃くなる可能性も・・・。

肝斑におすすめの美白化粧品は?

肝斑は一度できてしまえば、基本的には紫外線によるシミと同じ。なので、肝斑を改善するには、メラニン色素を漂白する成分が配合された美白化粧品がおすすめです。メラニン色素を漂白する成分「ハイドロキノン」を配合したおすすめの美白化粧品はアンプルールです。ハイドロキノンは肝斑の治療に皮膚科でも処方される成分です。それを化粧品として手軽に使えるところがアンプルールの魅力。


【アンプルールだけの魅力はここ!】
 ハイドロキノンの進化型を配合
⇒ ハイドロキノンは不安定な成分で化粧品に配合するのが難しいですが、化粧品に配合しても安定した状態をキープできる新安定型ハイドロキノンを配合しています!
 マイクロカプセル化に成功
⇒ ハイドロキノンはメラニン色素まで浸透しなければ意味がありません。アンプルールでは新安定型ハイドロキノンをマイクロカプセル化することで、メラニン色素までしっかりと浸透させることができます!


新安定型ハイドロキノンをマイクロカプセル化した美白化粧品は【アンプルール】だけ!