トップページ >  目的別シミ対策 >  光線性花弁状色素斑

光線性花弁状色素斑を消すにはどうすればいいの?

強力な紫外線を浴びた後にできるのが、光線性花弁状色素斑(日焼け後のシミ)です。海水浴や冬の雪焼けなど、強力な紫外線を長時間浴びることによって、顔や首、腕などにできることがあります。
⇒ 強力な紫外線を長時間浴びることでできる


紫外線によってかなりのダメージを受けている状態なので、これ以上、紫外線を浴びないようにUVケアすることが必須です。その上で、メラニンの生成を抑える美白化粧品でシミとして定着しないようにケアするのがおすすめです。
⇒ UV対策と美白化粧品でのケアが大事



■自然に消えることはあるの?
光線性花弁状色素斑は一時的に強いダメージを受けている状態なので、ターンオーバーで肌の再生が行われると、自然に消える場合が多いです。しかし、何度も強い紫外線を浴びてしまった場合などは、シミとして定着することも多々あるので、油断は禁物です。メラニン抑制作用のある美白化粧品でケアするのがおすすめです。
⇒ シミにさせないためにもメラニンを抑制するケアが必要!

光線性花弁状色素斑におすすめの美白化粧品は?

光線性花弁状色素斑をきれいに消すためには、そのままにするのではなく、しっかりと美白化粧品でケアする必要があります。おすすめなのはメラニンの生成を抑える成分が配合された化粧品です。一番おすすめなのはアンプルールの「ラグジュアリーホワイト 薬用アクティブフォーミュラ」です。メラニンの生成を抑える様々な美白成分が配合されています。


 アルブチンを配合
⇒ メラニンの精製を協力に抑制するアルブチンが配合されています!
 2種類のビタミンC配合
⇒ 水溶性と油溶性の2種類のビタミンC誘導体がメラニンの生成を抑えてくれます!
 フォトニール配合
⇒ 紫外線を吸収・冷却してくれるフォトニールが紫外線からのダメージを軽減してくれます!


アルブチン・ビタミンC・フォトニールの3つの成分が配合されているのは【アンプルール】だけ!