トップページ > ビタミンC > ビタミンCはどんな美白成分なの?

ビタミンCはどんな美白成分なの?

ビタミンCはシミの原因となるメラニンの生成を抑える働きがあるので、多くの美白化粧品に配合されている美白成分です。メラニンの生成を抑えるということは新しくシミができるのを防ぐということなので、シミ予防に効果的ということになります。
⇒ ビタミンCはシミを予防してくれる成分


ビタミンCは非常に壊れやすい成分なので、化粧品に配合される際はビタミンC誘導体として配合される場合が多いです。ビタミンC誘導体は肌に浸透した瞬間に、ビタミンC変化する成分で、肌に浸透する前にビタミンCが壊れるのを防ぐ役割を果たしてくれます。
⇒ ビタミンC誘導体として配合されることが多い



■できてしまったシミに対してはあまり効果が・・・
ビタミンCはこれからできるシミを防ぐのに効果を発揮してくれますが、すでにできてしまったシミを薄くするという効果はあまり期待しない方が良いです。たしかに、ビタミンCにはターンオーバーを促進させて、肌を生まれ変わらせるはたらきが期待できますが、何層にも渡って、肌の奥深くまでシミになった肌細胞をは排除するにはm相当な時間が必要となってきます。
⇒ つまり、シミ予防としての効果だけを期待した方が無難・・・。